先日CGMにおけるある関係式を思いついたので、それと絡めて検索流入/シェア流入型のCGM作りで意識すべきポイントについて書いてみたいと思います。

「個人で作る」というタイトルにしたのですが、一般的に企業と比べてお金と時間がない性質があるため〜という話なので、適宜読み替えてもらえればOKです。

 

ユーザーがコツコツ続けられるか

初めに、「Consumer Generated Media」なのでユーザーがコンテンツを生成するのですが、そのモチベーション設計において、個人開発者が初めから目指すべきではない形が存在します。

コンテンツ投稿のモチベーション設計における一つの観点として、継続的に利用してもらうためには本人以外のユーザーがどのくらい必要なのか、という考え方ができると思います。

本人以外のユーザーがたくさん必要な設計というのは、例えばSNSのような他者とのコミュニケーションが主なコンテンツ投稿モチベーションになるもの。逆にライフログツールのようなサービスでは、相対的に周囲のユーザーは重要ではなくなります。

サービスによって両者のバランスは異なりますが、個人開発者は前者に偏った設計を避けた方が良いと思っています。

なぜなら、サービスが回るための前提としている「常にサイトに多くの人がいる状態」を作り出すことがそもそも難しいから。

これを作り出すにはマーケティングスキルと共にそれなりの資金も必要になります。そのため、企業と比べて資金力の弱い個人は「初めから」これを目指すべきではないでしょう。

 

キュレーションコストを最小に

リソースの限られた個人開発者なら、サイトで利益を上げようとするとき、課金や販売と比べて導入が手軽かつ顧客対応や法的配慮も不要という理由から、できれば広告でマネタイズしたいと考えることが多いと思います。

広告モデルでマネタイズするためには、当然PVやUUがかなり重要になるのですが、ここで、ユーザーにとって面白い仕組みを作ってとにかくたくさん投稿してもらえば良いんでしょ、と考えるのは早計で、次の関係式を理解していなければ、いつまでたってもサービスが成長しない、ということが起こり得ます。

(投稿したいコンテンツ) - (検索・シェアされるコンテンツ) = (必要なキュレーションコスト)

コンテンツがPVやUUを稼ぐためには、検索でヒットするかSNSなどでシェアされる必要があります。しかし、ユーザーの投稿した単体のコンテンツがそのままの状態でこうした価値を発揮できるとは限りません。

ユーザーの投稿したコンテンツが単体で検索・シェアされないのであれば、検索・シェアされるようにサービス運営者がコンテンツを加工する必要があります。

これを「キュレーションコスト」と書いたのですが、リソースの限られた個人がこれを負担するのは難しいでしょう。したがって、ユーザーの投稿したいコンテンツと、検索・シェアされるコンテンツとの間の差異ができるだけ小さくなるよう、サービス設計の段階から考慮しておくべきです。

 

堅実にいこう

初心者はSNSに手を出さない方が良い、とよく言われますが、今挙げた2つはその大きな理由だと思います。一般的なSNSが機能するためには多くのユーザーが必要だし、単体のコンテンツを考えても検索にヒットするようなクオリティを持たせることは難しいです。

一方、個人開発者にとっての理想に近い形で成功しているサービスとしては、以下の記事から実名型グルメサービスのRettyを例に挙げたいと思います。

ユーザーと一緒にコンテンツをつくるには | ウェブ電通報

この記事には、便利なグルメログツールとしてコアなユーザーを獲得することで、人が集まるようになり、結果的にメディアになったという話が書かれています。

ユーザーの口コミにお店の情報を付加することはキュレーションコストですが、実際のキュレーションコストは次のように分解でき、今回の例は比較的加工のしやすいコンテンツだと考えられるので、ある程度の品質までなら、正味の作業量としてはそこまで大きくならないだろうと思います。

(キュレーションコスト) = (加工のしにくさ) * (正味の作業量)

堅実にいくなら、個人開発者はできるだけこうした地道な努力が実を結びやすいサービスに力を入れていきたいです。

 

おわり

以上を一言で言えば、ユーザーが1人や少数でも続けられて、サイトにおける「正のフィードバック」が機能するようになっていると良い、ということになります。

ところで、「キュレーションコスト」については、検索エンジンにおける品質重要視の流れや、単価の問題でASPが規約の厳しいAdSense一択になっている現実を考えると、むしろ必要なコストを払った方が安全という考え方もあることは最後に書いておきます。